読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

ジョージは綺麗好き オレはショージを憂い過ぎ

http://twitter.com/pomo/statuses/94266862

この発言に勝手にレスしようとしたのだけどえらい長くなりそうだったのでこちらで。

自分が日勤の時は13:00から昼休みで、否が応にもごきげんようを見させられるという強制プレイがなされる。

オレは若かりし頃コサキンを聴いていたクチだが、それは地上波ではけして見られない深夜の関根さんに触れたかったからであり、その辺は伊集院さんともつながる部分だけれども、小堺さんはコミック雑誌以上にいらないと内田裕也ならずとも思っていたわけで、それは小堺さんのなんつうか、当人がそう認識しているかどうかは分からないのだけどあまりに笑いの定法に則っていないぶりがつらい。
この辺の機微は別にボク自身面白い人間でもないし、お笑い鑑賞が闊達なわけでもないし、なんともいえなく、どのようなつらさかを非常に伝えにくい。
でも、なんとなく分かるだろう?昼間に観覧客もゲストも視聴者もついていけないあのテンションの中に秘められた異常さが。ゲストと客の期待するものとかみ合わない会話術、そしてかみ合いすぎてゲストがどうでもいい話を延々と続けててもそれをさらに聞き入ってしまう居心地の悪さを。小堺さんのベクトルのずれ方を、
分かるだろう?キミたちも!(OH,Yeah!!)
見えるだろう?バイストン・ウェル!(Oh,Yeahhhhhh!!!!X∞)
レディ、ダイナマイト!!(こないだのDynamite!! USAでなぜかフルサイズで放送された古のボブ・サップVSノゲイラにおける島田二等兵の掛け声)
 

で、今週そんなごきげんように村上ショージ兄さんが出演されており、その中でオレが切り取り観た場面と言うのは嫁さんにネタを見せて試してるってな話で(ちょいとうろ覚え)、没もよくくらうってなことだったのだけど、まあそこでもちろん小堺さんなのでその没をくらったというネタを「やってやってお願い!」と迫るわけです。恐ろしい。まあネタ自体の細かい説明は省かせていただく。
まあいつものアレです。はずし芸です。しかも没をくらっているので更に微妙です。
はずされて一瞬寒さが通り抜けた後人間の奥底から押し寄せる根源的な笑いが押し寄せる、いやそんなんはショージさん好きのオレだけかもしれんけど、そういうアレです。ガキの使いでの一切盛り上がらないショージさんの特訓シリーズを好きな方なら分かっていただけるはずだ。いやでもこの場合そのアレに届かなかった、そういうアレです。まあオレは面白かったけど。
で、そんなんを披露して、ショージさんが失笑を待ち望んでいる中小堺さんがかけた声というのが、
「それ面白いじゃないですか!」
そして、あろうことかそのネタを説明し始めたわけです。ショージさんはバツの悪い感じになるわ会場は「あ、この人のっちゃった…そしてまたあのテンションでサイコロの後変なフレーズをやらされんのか…やらされんのか!?(PRIDEの立木文彦ナレーション「やれんのか?」的に聞かれたら「やれない…」って答えそうな勢いで)」的な空気になっており、オレは小堺さんという一個の狂気に戦慄した。戦慄した後粛々と弁当を食すことを継続し「あぁ鳥唐うめえなあ」と思った。鳥唐って旨いよね。知ってた?

あーそんで、黒柳さんなぞは小堺さんなぞ一万年と二千年前くらいは凌駕するその手のスキルを持ち合わせているので、ショージさんがどのような佇まいをみせていたのか非常に気になりました終わり。