読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

ものっそい気になり始めてきたのですけど、あ、Dang Dang気になり始めてきたのですけど(思い出して言い直した)、「キラッ☆」の部分は果たして松本隆御大自らの発案なのか、それとも発注の段階で
「今回の発注の趣旨といたしましては、数々のアイドルヒット曲、とりわけマクロスにも関わりの深い飯島“テグザーのアレ”真理の楽曲も担ってきた先生の経歴だけ頂戴したいわけデフよー、いわば御拝借でございましてね、ハイ、デフー。何が言いたいのかと申しますとですね、先生の前で取り繕っても仕方ありませんし、腹を割ってぶっちゃけたり股をおっ広げたりしますとですね、『キラッ☆』の快感フレーズだけは盛り込んでいただかないと、いえ、これさえ盛り込んでいただければ後はいかようにも、いやもう、むしろなんでもいいんでゲスよ、なんとなくそれっぽい銀河とかで矢を放ったりしていただくだけでもう。ええ、このギョーカイの酸いも甘いも熟知なさった先生に限ってそんなことはないとは思うんでゲスがね、万一承諾いただけないということになるとですね、このギョーカイで長いと言ってもこの先パタリとね、先生にね、御声というものがかかるかどうか、というですね。まあ先生でしたらお分かりですよねこの意味、ゲーフーフー、ギラッ☆(第二次性徴期でもないのにイヤなニキビに脂汗)」
的なアレなのかという。

ジャケやインナーの振り付けやらこないだの回から察するに「キラッ☆」はこのシングル発売を目論んで企画段階であるんだろうけど、松本隆さんの方からこんなフレーズが出てきてたらそれこそ神懸かるなあと思ったのでした。御大から「若い娘さんが銀河をかけるからには星を想起させますな。あぁ、こんなフレーズはどうかね、『キラッ☆』と発声するというのは!これはいけるよキミィ!若いご婦人方は星のように振る舞わなければタメたよキミィ!」
と後半意味なく大山総裁っぽくおっしゃってたらこの銀河に架ける物語ここに完成。

おのれランカめぇ!(略して「ら、らめえ…」)
http://ameblo.jp/rankalee/entry-10109778631.html

あと余談ですけど、いやそんなこといったら「キラッ☆ってどの段階で出てきたのかしら」ということ以外全て余談しかないんですけど、ついったでこんなこと書いたのだけど、
http://twitter.com/mamirin/statuses/848957690
今ウィキペディアの中島“おぼえていますか”愛さん項見たら

りぼんっ子だった中島は、中でも『超GALS! 寿蘭』の大ファンで、当時その主役を務めていた豊口に相当な憧れを抱いていた。

中島愛 (声優) - Wikipedia

こんなん書いてあって、偶然は必然が二人の合い言葉。お前等、どれみにかまけて同時間にやってた寿蘭なんて観てない率400%だろ!

マクロスF」の総監督を務める河森正治はヒロイン役のオーディションに関し、「僕はプロトタイプが好きな人間ですので、声優さんとして、歌手として完成された方よりも、作品とともに成長して、作中で役者として臨界点を超えるであろう瞬間を僕らと共有できる方におねがいしたいです。」と発言している(月刊ニュータイプ2007年7月号より)。

まんまとこの目論みにはまってるなあオレ。なにかねこの棒声優さんはと思っていたオレが、今!ギギギ…(口からプロトタイプ分析結果をはじき出すパンチ紙テープ延々吐き出しながら白衣着た博士紙テープ手にして読み下しながら「ゲェッ!こ、これならば、500万隻相手のこの戦、勝てる!ランカ最 大 戦 速!(マクロススピード!)」)