読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

飲酒モラトリアム

今日は高円寺でやるライブ行こうとニットキャップ黒縁色無しグラサンジャージカラージーンズスニーカーな
「はい、ロキノンジャパンなら読んでますよ!好きです、つぼ八渋谷陽一!ゲーマーの方の!R-TYPEのプレイライブ映像ネットに転がってないすかね!?」
な出で立ちで池袋まで出たはいいが夜遅くなるのがしんどくなってきたのでとって返してきました。これが後の世に言う、帰宅である。
まあ、戦は変幻の中にあるらしいですし、いいじゃないですか。春ですし。日々酒で幻惑されてるし。

26日はモヤさま熱にうかされ、板橋区は下赤塚を散策しようかと。
初手からデジカメ忘れた事に目眩を覚えながらも地元からひたすら歩き続け、まずは赤塚公園近くへ。
この辺りに、家族でよく行っためっさ旨い蕎麦屋さんがあるのですけど、なんか検索してたらオレが何書くよりこれ読んでください的なエントリがあったので貼っときます。

http://umasoul.blog81.fc2.com/blog-entry-197.html
海老天が鬼のように旨い。鬼海老天。十数年ぶりくらいに食おうかと思ったら、オレが行った時間は休憩中でしたとさ。

しかしこの徳丸という辺りは広々とゆったりとしており、大変住みたい欲が刺激されるよなー。

この辺りにきたら当然行くコースとして板橋区立美術館へ。
「幻惑の板橋 〜近世編〜」をやっているので。
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/now.html

日常は変幻の中にあるオレにとって格好のテーマ。大いに幻惑された。する側にならないといけないのか。思えば幻惑されっぱなしの人生でした。

ダンシング・ホテイが大変よろしかった。多分、大コケしてしばらくショックを引きずることも知らずに意気揚々とイギリスで『DANCING WITH THE MOONLIGHT』12インチを出した頃のピンク髪の布袋寅泰さんのさまを表しているのだと思う。
あと酔い潰れて抱きかかえられる李白さんが大変よろしかった。思えば酔い潰れてばかりの人生です。

その後、年間何回行くんだという郷土資料館へ。苦しゅうない。よかよか。よかいち。思わず莫山先生のバクザン発言が飛び出すほどの郷土愛。思わず『いたばしの地名』を購入するほどの郷土愛。愛と平和。

ちなみにここに辿り着くまでに猫運に大変恵まれ、オレの猫多幸感指数が限界突破しました。

kuro-nya-n
f:id:diekatze:20090426151744j:image
グルーミン’nya-n
f:id:diekatze:20090426163108j:image
物凄い勢いで迫ってくるnya-n
f:id:diekatze:20090426163123j:image
バベルなアレを征するnya-n
f:id:diekatze:20090426165015j:image
nya,nya-n
f:id:diekatze:20090426164952j:image
nyanya,nya-n!!!!
f:id:diekatze:20090426164941j:image
その様にすまし顔でやってくるnya-n
f:id:diekatze:20090426165059j:image
このお二方が睦まじくなる中立ち去った後、また猫nya-n
f:id:diekatze:20090426170940j:image

あ、取り乱しました。それも著しく。

なにげに今回の目的地でもあった地へ向かう。あったーありましたよ彼の地が。北方水滸伝における、梁山泊とライバル関係にあるあの組織の本拠地が!
f:id:diekatze:20090426180109j:image
李富のしゃがれた声や聞煥章の片足が義足の為不規則な足音が聞こえてくると思ったらあいにく不在なので聞こえず。残念です。もしかして京都の方の青蓮寺にいるのかしら。(答え:日本本土にはいやしねえし現代でもねえしはっきり言えばフィクション)

ところでこの寺に辿り着く為に大いに迷い歩き、燃え尽きたので結局下赤塚駅辺りまではいかず成増駅から帰りました。オレは一体この限られた人生で何がしたいのか。

結論:ちいちいバッグHyperが亜高速で欲しまっている最近。
http://ropping.tv-asahi.co.jp/sanpo/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=21816