読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

休日箇条日記2

城跡

・二日酔いで午前中を無駄に過ごすという、日本国民の権利を行使した後、このままではいけない、このままでは単なるアル中になってしまう、せっかくだから能動的なアル中にならなくてはと出立。
3月18日午後2時30分。私はこの町を出てゆきます。暗い部屋で一人。テレビはつけたまま。はまずいので消しに慌てて戻り。アナログだぜ?でもここは凍狂だぜ?(ヒムロック声で)
 

・出立早々猫さんに遭遇。こ、これは瑞兆!古来、猫さんは瑞獣とされており、オレが(三国志DS3で)天下を取る瑞兆ですぞ殿ことオレ!
nya-n
f:id:diekatze:20100318140035j:image
nyanya-n
f:id:diekatze:20100318140044j:image
あいほんだと片手で撮りにくいので出遅れるnya-n
f:id:diekatze:20100318140009j:image
nya,あ、もういいですか。ピッタリ10枚撮ってたわ。そして相変わらず著者の影が。
気づいたら下校で通りすがる母校のJCさんたちに、怪訝そうに見下ろされていました。キャダ☆キャダ
 

・第四次松山城攻めを敢行する為東武東上線は東松山駅へ。
http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_matsuyamajyou.html
いつも城側しか行かないので、搦手から攻めようと反対側へ。
箭弓稲荷神社に参った後向かいを見るとあの携帯ストラップときがわ君を扱っているじゃないですか!
f:id:diekatze:20100318151801j:image
ってときがわ君が誰だか知らんけども。高校球児用って書いてあったけどなんなんだ。由来が皆目見当つかねえ…高校球児ザワさんみたいなもの、なのか?
ときがわの守りは堅いとみてとり、反転一気に松山城跡へ。
蟻巣 In Wonder Undergroundを横目に松山城跡に到達。
f:id:diekatze:20100318153434j:image
ついでなので牧畜フェス貼っときますね。

オレこのフェス行ったんだけど、いまだに櫻井さんの、どじょうすくいか末弥純氏描くところのマーフィーズ・ゴーストか判断のつかぬ衣装が印象的です。
 

・ゲェッ、軒並み伐採しとる!
f:id:diekatze:20100318154337j:image
伐採伐採また伐採!
f:id:diekatze:20100318154538j:image
本丸跡の切り株がなんかシュールに見えてくるほどに。
f:id:diekatze:20100318154634j:image
木が語りかけます、うまい、うまいところを持っていきすぎる、主に妙にEROすぎる袁術の娘こと袁綝とつがうあたりが十万石饅頭馬超が一閃したのかな。だとしたら木も本望ですね。本望?
f:id:diekatze:20100318154734j:image
以前攻めた時には木が生い茂り、枯葉で土塁跡をズザーって滑り落ちた事もある思い出もあり、なんか複雑な気持ちに。縄張が圧倒的に分かりやすくなり、オレですら縄張と現地の歩きざまを同期出来たし。北条氏の縄張りはHENTAIめいているのでこうでもないと実感できない。
ただ、つはものどもがゆめのあと的な感慨は圧倒的に減ってしまうわけで、という葛藤。看板も増えてたし、伐採した木が危ない箇所の柵代わりにおかれていたり、多分ある程度整理がついたら良い感じになるのだろうなあ。今の、伐採した木がごろごろしている状況だとせつなさがまさるけども。以前の険しさをなくそうとしてるってことは、昨今の戦国ブーム?で訪れる人が増えたのかしらん。
 

・こんな縄張なのだけども、
f:id:diekatze:20100318155847j:image
以前の状態だと無理して、それこそズザーっていいながらでないと春日曲輪から三ノ曲輪に辿りつけなかった覚えがあるのだけど、普通に行けました。
f:id:diekatze:20100318155610j:image
そして、三ノ曲輪から脱出できるようになっていました。
f:id:diekatze:20100318155825j:image
つか民有地だったのか…今まで勝手に攻めて失礼しました…ということは、寄居の鉢形城跡とは違って私費で整理しはじめてくださっているのかしらん。今後は感謝を込めながらカッツェにしますね。ありがたい。
f:id:diekatze:20100318160137j:image
惣曲輪から望む。
f:id:diekatze:20100318160511j:image
 

松山城跡を後にし歩く中雨が降り始める。雨男のオレにしては、城攻めの時降らなかっただけで奇跡。
 

・帰りの電車内、途中からエグゼクチブなビジネスマン&ウーマンに三方を囲まれ、オレが北方水滸伝を読みながらSoft Machineを小さめの音量で流す中、延々と今日のプレゼンがどうだったやら仕入れ値がこうだけど折り合いがつくかしらやら素材はどうするやらエクセルの関数今日教えてもらった分だけで相当楽になるわーやら、その他多分社外秘的な内容を大音量で話してたりするわけで、もうそんなオレにとってどうでもいいことでオレの休日に仕事、いわばWork的な要素を思い出させないでくれよと思いました。
キミらが今立ち上げようとしている案件なんてオレには関係ないし、ちっぽけな問題ですよ!オレはもっと大きな、三万か十万かという大問題に直面しているのだから!何がって!?梁山泊が!宋に対して!集まる兵数の、どの段階で攻勢に転じるかの!せめぎ合いの話ですよ!
オレは日々、宋江と晁蓋に挟まれ苦悶しているんだよ!苦悶の末、その苦悶から少しでも開放されようと朱貴の跡を継いだ朱富の店で魚肉饅頭を食いながら酒を呑むしかないんですよ!でも板橋には朱富の店がないからしょうがなく近所の焼鳥屋さんの鴨ねぎを肴に酒を呑んでいるのですよ!それはそれで超旨いんだよ!故に相撲は強いんだよ!by戦闘竜と思いました。
あ、今日って平日か、そりゃ電車内が仕事の話で満ちていてもしょうがないよね。「土曜に彼女放置 そりゃしょうがない自殺行為」だってMOTSU師父も言ってるしな。HAHA,Oh,Yeah!!
 

・その後もエグゼクチブなお姉ちゃんが東武東上線沿線を若干DISり始めていたので、心の中で
「『西新井の辺りも汚かったけど今は綺麗になったわよねー』じゃねえよ、言外にこの辺は汚いって含有すんじゃねえよ、そんなに再開発好きならとっとと再開発の代名詞こと豊洲やらギロッポンやらザギンやら釜山港に帰ってくれ、そしておとといまた来てください、塩まいておくれ!かぎやー!たまやー!ノラやー!ノラ?愛するノラがいない、ノラやノラby内田百聞!でも望んでもいない11人はいてオレを囲んでる!by萩尾望都!」
などとすさみはじめていたのだけど、オレの前を終始固めていた赤メガネに赤と白のマフラーと赤のラインの入ったパンプスを装着した、スーツの似合う小柄なかわいいお姉さんはその話題にはノーコメントを貫いていたので、きっと下町出身プチ侍なんだろうなあと思い惚れました。
そして、その赤メガネさんに
「ふふ、東武の由来って知ってる?加賀下屋敷があった下板橋一帯の事を東武って呼んでいたらしいよ、もちろんこないだ行ったばかりの板橋区郷土史料館の受け売りそのものだけどね。さて、と。前菜も済んだところで、今宵オレと契ろうか」
と言いそうにはならずに、相変わらず中本で冷やし五目味噌タンメンをかっくらい早々に帰宅しました。過激な暴力。中本は美味しい。水を飲んではいけません。夢を見ることは良い。明日、またお会いしましょう。
 

・明日からまた労働に歓喜の泪を流す日々が始まるので、束の間の酒に溺れ暮れゆく休日。みんなー、労働してるー?(シェリルたまー)
労働を知らず、酒を呑むためだけに生み出された哀しき飲酒生体兵器、アンチゼントラーディ人に、私はなりたい。ヤックデプロレタリアー…