読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

アバタールの惨劇

日々、胃に(適度に摂取すると)良いとされるカプサイシンが豊富な中本のメニューを食したり、消毒作用のあるデトックス飲料アルコールを五臓六腑に塗布し続けているのに、なぜか逆流性食道炎になりました。理不尽、この世はあまりにも理不尽。
腸もドイヒーなことになっているので、消毒とともに乳酸菌に腸の超修復作用が期待できるマッコリをしこたま呑みニッコリしておったら翌日益々悪化しました。
この世に正義はあるのか。低所得労働者の品格を重んじ、長年エンゲル係数スカウターをパリンと割り堀川亮声のベジータをクリビツさせる暴飲暴食を続けてきた誇り、志というものを踏みにじられ、その憤りを胸のみぞおち、空手で言う水月の辺りにおさめムカムカし、多発するげっぷと時折生じる嘔吐感を抱え膨満感さえ脳裏をよぎり髀肉の嘆をつぶやく日々なうデイ。げっぷする時ちょっとだけ巨神兵の気分になるよ?でも己の臓腑しか焼き払えないんだ。オレは消化不良なので、何かの寓話に昇華するといい。あと巨神兵の気分になってもそういいものでもない。なにせ胃のムカつきだし、そもそも巨神兵を操る側じゃナイトね。具体的には榊原良子。 
「医者はどこだ」っていう美しすぎる日本語を声に出しながら肩口からはみ出てる血管をおさえつつ、かかりつけのお医者さんの元に馳せ参じて候が、はせさん治さんの息子さんである長谷有洋さんも短命であったりで、アニメ業界のみなさんは早死なないで欲しいですヤックデカルチャ。

ファモチジンという、いわゆるガスターさんを処方していただいたので、夜な夜なもぞもぞ飲んでいます。時には発泡酒で呑み干したりしています。きっと効果は倍増すると思います。想いのチカラを過信するRPG。

それとは全然関係ねえんすけど、(特に意味なくガラを悪く)最近帰宅しては万年床に寝転がって撮り溜まったテレビ観るだけの機関と化しているので、なにか久々にゲームの一つでもクリアして達成感を味わおうかと、これ買いました。

白騎士物語 -光と闇の覚醒-

白騎士物語 -光と闇の覚醒-


冒頭からアバターっつうのを作成しろって言われるのね。オレの分身なんだろうから、中年のオレでしかなし得ないそのフォルムを極限まで再現しようと、30分くらいかけてオレがお前でお前がオレでキャラを作成したんだけど、いざ物語が始まったらどうですか。オレことアバターなんて浮きまくりで、この世のものとも思えないキラッキラしたアニメキャラの方々が主役っぽいんですよ。
で、オレなんてそのワイン商かなんかに新人で入ったテイで。いい年したおっさんがその堕天使ブルーにペコリなんてしてんの。おじぎ5$で売ーりなよー。TOKYO ITABASHI 幻想(イリュージョン)
で、大筋の物語は彼らを中心に華々しく進んでいくんだけど、オレことアバターは彼らがしゃべっている間キョドッってたりなんかすることないから荷運び用の動物撫でて間を埋めてたり、なんか事情わかんないけど「そっすよねー、分かります」なんてなんもわかってないのに頷いたりしてんの。だって研修とかで分かったふりしないと怒られるじゃないですか。
この感覚、オレは知っている。おい、これオレの現実じゃないか!五年前中途入社して20代に囲まれて「何歳なんすか?」なんて聞かれた後新人なのに敬語使われる居心地の悪さ!今年になって色々環境変わってまた年聞かれてギョッとされて変な感じになるあの空気!
互いにぎこちなくチーム組んで蜂みたいなの一緒に斬り伏せたり、でくの坊の右足だけに執着して攻撃して倒した後
「やあ今日は疲れた!じゃあ飲みに行きましょうよ!」
なんつって言われて一緒に行くと世代的に微妙に話題についていけない場面があるから間を埋める為にいつも以上にジョッキを傾ける場面があってあぁごめんオレ酔った二次会行けんわっていうアレじゃないですか!でもオレが調子良くてカラオケ行こうぜなんていうと
「家帰ってスパロボやるんで」
とか言われてたちどころに断られるソレじゃないですか!
主人公的なレナードとかいうヤツもなんかフィールド走りまわってる間気ぃ使ってんのかオレに話しかけてきやがるんだ。それがまた、「なんかおっさんと何話していいかわかんねー」的な、うわのそら距離感で充ち満ちている。オレことアバターゲーム上黙秘しちゃってるし、そしたらオレの方が悪じゃないですか!邪ですよ!ハーバード大学でここまでの正義を語られたらオレが根源的な悪ですよ!
 

結論:再作成などせず、このアバターのままあのキラッ☆キラッ☆スタースターな原色髪のヤツラを見返してやる。
ユウリなんていうボインちゃん(この時点でおっさん注意報)キャラはオレと一緒に戦いながらどうせ「加齢臭…無理」「胸ばっか見てない?」とか思いながらイヤイヤ弓放ってんだろ?あわよくばオレの盆の窪辺りにまんまと誤射して7ダメージほど与えてえんだろ!?誤射ってハニーなんだろ!?
でもなあ、なにせお姫様役が坂本真綾さんなんだ(CVではなくきっと本人)スロートレーニングで変に筋肉はついてきてるけど腹は出てるこの体でこのセカイをねじ伏せてやろうと思う。そしてレナードとかいうヤツがくると思って期待してた真綾さんの前に中年が現れ颯爽と救います。その間も秒単位で
「救うにしても手握るくらいならいいけど抱えないで、脇が…加齢臭…無理」
とか思わせてやるんだ。何をどうも出来なくたって、胸のみぞおち辺りに愛とあつい思いを。シズナ姫こと真綾さんにそう言い続けるんだ。オレはそういい加減なんだ。なんかヤル気が出てきた。わしゃジョージ秋山キャラか。