読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッツェにしてもいいですか

お酒を飲んでサブカルチャーに触れたり北方謙三に抱かれたりするブログです。

眠れない昼


肝心な音に限るとコンセプトアルバムであるということはイマイチ伝わってこないのだけど、それなりにいいんじゃないすかね。
通して聴いてみて思いかけたことは、同性の作曲者との相性が大変宜しすぎて、男性ミュージシャンの楽曲はイマイチのりきれてない感じだよなあ『夕凪LOOP』の時にも感じたけどってことなんだけど、序盤の楽曲が弱いだけで『セツナ』という曲は良かったのでその時その時か。
うーん、ミックスの問題なのか、プロデューサーのやり方次第なのか、そういうのはよう分からんのですけど、男性ミュージシャンの楽曲の場合真綾さんが歌いきれてないというかのりきれてない感じがしてしまうのだけど、なんつうかその辺は多分同志という関係性でないとこの方はアカンのだと思うのですよな。
川原で殴り合って
「ハハン、アンタも中々やるじゃない。こんなハスッパなアタシだけど、アンタの楽曲歌わないでもないさ」
的な関係性?なにそれ。
同志っつうか同格つうか、個々は個々というか、多分に猫的というか。
今これ書いてる間二周目に突入したのだけど、結局M1、M2が気に入らなかっただけで後のは良いわ。
またmixiのコミュで菅野さん時代との比較論が色々出てくるのだろうけど、上に書いたような、真綾さんの声という素材を生かしきっているかどうかとなると、確かに生かしきれていないよなあとは思うのだけど、こと鈴木祥子さんとの関係性に限れば相性は大変宜しく、その辺は『坂本真綾・君に届く声〜ミュージック&ドキュメント〜』を観るとなんとなく察することが出来ますね。出来ないとするなら、トパチャックのキャプランチが真っ黒けになっている可能性があります。リームに診てもらってください。うん、でももっとすごいものができるのに感っていうのは分かるっつうかオレも思う。
なので、鈴木さんにトータルプロデュースをお願いしてめぐりあいとっくみあいそして草花を慈しみあい其の手を互いに握り合い抱きしめあい、そして猛々しくも荒々しくレコーディングすれば大変良いアルバムが出来るんじゃないかなあと思うので、どうかひとつ。

っていうか、昼日中聴いててもダメよなオレ。眠れない夜に聴かないとな。